花粉症がつらい人へ【意外に知られていない軽減法とは】

花粉症軽減法のアイキャッチ雑記

花粉症状が軽減した理由

こんにちは、ぐぅです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

私、重度の花粉症です。

 

例年、2月上旬から始まり、

6月上旬まで続きます。涙

今年は例年より

多く飛んでいるといいますよね。汗

でも、去年の今頃より

症状が出ていないんです。

「無職だから外に出てないだけだろ!」

というツッコミが

花粉と共に飛んできそうですが

無職でも2日に1回は外へ出ていますし

(買い物や運動)

外へ出ている回数はあまり変わりません。汗

そんな私の花粉症が

昨年より症状が軽減している理由を

ご紹介します。

キーワードは刺激しないことです。

 

洗濯の柔軟剤について

タオルや衣類を

柔らかくふわふわに仕上げる柔軟剤。

使っている方、多いのではないでしょうか?

匂いも良い匂いになるので、

私も使っていました。

しかし、これらをするだけで

鼻水ダラダラや目の痒みが軽減しました。

 

量を1/3にする

私は、基準の量で使っていましたが

花粉症になってから、

「これが誘発してる?」と思い

量を半分に減らしたところ

花粉症の症状が軽減しました。

もっと減らし、1/3にしてみたところ

本当に楽になりました。

 

無香料のものにする

タオルなどの柔らかさが欲しい物には、

量は変えたくないので

どうしたらいいのか

というのがありますが

無香料の柔軟剤がありますので

それを使うのもおすすめです。

 

使わない→洗剤の香りだけ

やはり全然使わないと症状は楽です。

柔軟剤を使わなくても大丈夫

という方は

洗剤だけでOKなのだと思います。

 

入浴剤について

お風呂の入浴剤についても、

洗剤と同じことが言えます。

無香料で良いものがありますので

それを使うのもおすすめです。

 

タバコを避ける

タバコの匂いや煙も刺激物になりますので

避けた方が、症状が出にくくなります。

花粉症でタバコを吸われている方は

症状を軽減するためにも

この機会に禁煙をしてみるのもおすすめです。

 

辛いものを避ける

辛いものも目や鼻を刺激します。

辛いカレーやキムチや激辛麺!

大好きなのですが、

食べる回数を減らしています。

(カレーが大好きで時々食べますが、

その後の症状が辛いです。涙)

 

和食中心にする

花粉症の症状は、風邪の症状と似ています。

鼻水が出たり、咳っぽくなったり、

熱っぽくなったり、頭痛がしたり。

目が痒くなったり、

身体中の粘膜が痒くなる方もいますよね。

そんな体が弱くなっている時に

体を支えてくれるのは

優しい和食なのではないかなと思います。

私は2月上旬から

味噌汁や煮物中心の食事にしています。

 

 

病院の先生と相談(薬の変更)

実は自分に合わない薬が

あるのかもしれません。

私は毎年、飲み薬を飲んでおり、

一昨年まで結構強めな薬2種と、

鼻炎薬を処方してもらっていたのですが、

症状はあまり改善しませんでした。

耳鼻科の先生に相談したところ、

1日1回の少し弱めの薬1種のみに

変えてもらいました。

すると、1日1回で鼻炎薬なしで

症状が良くなっていったのです!!

今の薬は自分に合った薬だと思うのです。

ですので、耳鼻科の先生に相談することも

おすすめです。

 

まとめ

刺激が良くないので、

匂いのモトを減らしたり

内面から変えていったりすることで、

症状が軽減することが分かりました。

 

花粉症の症状で悩まれている方は、

ぜひ参考にしてみてください!

 

以上となります。

ご覧いただきありがとうございました(^^)

コメント